教会の優先課題:青少年司牧と高齢者への配慮
 
トップへ
教会の概要
キリスト教講座
宣教協力体
活動紹介
主任司祭
助任司祭
委員会
 

マルシリオ神父の5分間ミニ講座



【1】 1.聖櫃 2.ミサ 3.聖体拝領


(説教台から講演する
マルシリオ神父様

信者の皆さんの勉強をしたいという気持ちに応えて、マルシリオ神父様 が9時半ミサ後御聖堂で5分間ミニ講座をして下さる事になりました。
今日から、少しずつでも勉強して正しい動作と姿勢でごミサに与かってください。
今日は、1回目ですから下記についてお話ししましょう。
1.聖櫃  2.ミサ  3.聖体拝領

1.聖櫃

1.聖櫃
聖堂の中心に設置されます。
着席前に深い礼、合掌などがふさわしい動作です。
当教会にも、外国人の方で、片足を地に着ける習慣の方がいますが、その際にはきちんと、しっかりと片足を着けて下さい。尊敬の姿勢が大切なのです。

上記の作法は、
1.イエス様に気が付く。
2.イエス様とお話しをする事を前提としています。
軽率な行動は慎みましょう。

2.ミサ

2.ミサ
5つの要素に分かれます。
・開催の儀
心を清める。
司祭を迎える喜び。
これに遅れないようにしましょう。心を清める準備ですから、次の言葉の典礼である、み言葉が心に入らない事に繋がりますね。そして、供に一緒になって喜ぶ訳ですから、どうぞ遠慮しないで前の席から詰めて、集まって座りましょう。
・言葉の典礼 ・感謝の儀 ・交わりの儀 ・閉祭の儀 .

3.聖体拝領

3.聖体拝領
イエス様が心に入る事です。
例えば、パンを食べた後でどのくらいで消化するでしょうか?
若い人でも10分、年配者でも15分くらいと言われています。
その間、十分にご自分の祈りを捧げて下さい。
聖体拝領によって、全能の神の子と一緒にいる事を、認識して祈るべきです。
今日は、聖櫃とミサ、聖体拝領についてお話ししました。
次回は、他の事についてお話しします。


◀◀キリスト教講座へ - - - - - - - - - - - - [next]次へ▶▶