教会の優先課題:青少年司牧と高齢者への配慮
 
トップへ
教会の概要
キリスト教講座
宣教協力体
活動紹介
主任司祭
助任司祭
委員会
 

マルシリオ神父の5分間ミニ講座



【5】 秘跡と関係する新しい用語について
   父に戻る回心と再び父に帰る回心


(時折、動作を交えて熱心に
解説するマルシリオ神父様)

今まで4回にわたってお話しました。今日はミサと聖体についての話の結びとしたいと思います。今日の話のテーマはミサのためのお礼です。もうひとつは、祈りに必要な3つの条件についてです。まず、ミサのお願いは、聖堂の入り口にあるミサ願いの封筒でミサのお願いをします。
そのことについて少し言わせて下さい。


 

わたしたちが司祭になるときに、まず、司教様からパンとぶどう酒を渡されて、毎日ミサをたてなさい、生きている人と死んでいる人のためにミサを捧げなさいといわれました。

ミサは、すぐ分かるとおり、イエスさまの死と復活の再現です。その再現をわたしたちが自分にあてはめるのです。死者にあてはめ、生者にもあてはめます。よく死者のためにミサを頼まれています。今月は11月ですので追悼ミサとか親戚 、友人の為に頼まれます。でも、ミサは死者に為だけでなく、生きている人のためにもミサがあります。 生きている人の為にミサを願うことがとても大事です。

他人に一番良いプレゼントはミサをたててもらうことです。ですから、死んだ人の命日などに頼むのは良いのですが、生きている人のためには、誕生日、霊名日、結婚記念日とか、子どもの試験日とか、色々の特別の日や、特別の恵みをうけたいとか、入院している人、手術をするなどその為にミサを立ててもらうのは良いプレゼントです。ミサのお礼は司教団の内規は、3000円ですがもっと多くても構いません。

ここに居るたくさんの司祭が毎日ミサの意向をおきます。日曜日、下井草では4回のミサがありますが、そのうちのひとつは、必ず信者の為に主任司祭が捧げなくてはなりません。
信者が自分の信仰を守れるように、また最後まで頑張れるようにミサが捧げられ ます。またそれぞれの司祭が、自分の意向を持ってミサを立てます。だから、ミサのお願いをするとき自分の名前だけ書いて司祭の意向に従ってたててくださいでもよいのです。 ここに8人の神父様がいますが、毎日毎日ミサを立てます。毎日誰かを考えて、ミサを立てるのです。


次に良くお祈りをするには、どうすればよいのか?という質問をされます。

そこで、三つのことをおすすめします。
また良いミサへの参加の仕方についても 質問されます。
まずこの教会を考えて申しあげます。


着席して落ち着いて

早めに教会に来て落ち着くことが大事です。

この教会では説教が終わるまで、なかなか落ち着かないのが実情です。
遅れて入 ってきたり、ミサ中も人の動きが多くて落ち着きません。
マッサ神父様は我慢強 くミサをたてているが、わたしだったら邪魔に感じます。

早く落ち着くことが大事です。
ミサの5分前には着席して落ち着いてください。

そして自分を神様のみ前におく。
ここにイエス様がいるのです。


誰のためにロザリオを




誰のために道行を

自分の意向を立ててください。

次に皆さんにお願いしたいのは、司祭は必ず意向をたてるようにみなさんも自分の意向を立ててください。誰のために今日ミサに参加するのか?誰のためにロザリオをするのか?誰のために道行をするのか?意向をもてば、ミサへの参加の仕方が違ってくる。

わたしが、たとえばミサをするとき、自分の母のためにきょうミサを捧げます。
自分の父のために捧げます。
あるいは、家族の誰かの為にミサを捧げます。
また 病気の人のために、やはり自分の態度が違ってきますね。
今日のミサは誰の為に捧げたのか?聖体拝領もそうです。
イエス様を礼拝する為に賛美する為という意向はいつもあります。
しかし意向を具体化するとわたしたちの参加の仕方が違ってきます。

ですから司祭だけでなくわたしたちも教会にくるたびに何らかの意向で祈りをするならばよいのです。


ゆるしの秘跡は大罪を許すだけでなく指導を与えるためなのです。罪を避けさせ、もっと上を目指させる為です。

心を清めて祈ることが必要です。

そのためにはイエス様に悪かったことを許していただくことが大事です。大きな罪があれば告解することです。 これから許しの秘跡について話をしたいのですがこの教会ではなかなか秘跡に参加しないですね。共同告解が大祝日の前にありますが、それはあまり指導にならないのです。時間がないのであまり長く指導できない。それしか受けていないのでは信者の生活をしていませんね。説教を通してしか受けていないのです。しか し、説教というのは一般的なはなしです。個人に具体的なことを省みないときは 、ゆるしの秘跡は大罪を許すだけでなく指導を与えるためなのです。霊的な指導を与える為です。罪を避けさせ、もっと上を目指させる為です。この秘跡は、1年に2回だけでなくてもっと利用してください。月に一度は告解するようにして ください。月に一回罪がなくても指導してもらう為に受けてください。 皆様は毎月毎年末に自分の経済はどうなっているか考え、決算をするように、年一回の決算では、多くの借金を負ってしまいますよ。毎月一回は受け方向をまっすぐにする必要があります。月一回自分の心の状態が どうなっているか確かめるのが今の教会の希望です。心を清める方向をまっすぐにする方向付けを神のほうに歩くのだ、理想を高くするこれがけじめです。 これがゆるしの秘跡です。


◀◀前へ[previous] - - - - - - - - - - - - [next]次へ▶▶